読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イシダアツシのイシダア通信

ライフスタイルコンサルタント。広島と東京でコンサルを通して生きる歓びを分かち合う。そんなお仕事をしています。DIY的生き方ブログ。

雰囲気とファッションの関係

コンサル 哲学

こんばんは、アツシです。

洋服・雑貨・収納のコンサルをはじめたので

今日は洋服についてのお話でも

していこうかと思います。

 

詳しくはこちらをご覧ください。

www.atsuishi.com

 

今日は僕が考える

雰囲気とファッションの関係について

お話していこうと思います!

 

 

 

f:id:atsushi-ishida-ai:20160722232606j:plain

 

 

良いモノは良い

 

僕は昔から洋服を選ぶときに

このブランドじゃなきゃ嫌だ!

というこだわりが全くありませんでした。

その考え方は今も変わっていないのですが

 

知らないブランドでも、その洋服自体が

魅力的であれば、袖を通してワクワク出来れば

それが全てだと思っています。

 

有名だろうが無名だろうが

良いモノは良い。

 

洋服に限らず、買い物をする時に

この感覚は、すごく大切だと思う。

 

そして、何かモノと出会う時に大切にしているのは

先入観を持ってみないということです。

 

大切なのは、そのモノに触れてみて

自分の心が何を感じるか。

それだけなのだと思う。

 

他の誰かじゃなくて

あなたが何を感じるか。

その為には、目の前にあるモノそのものを

しっかりみる。

 

そこで自分の本音に従って

モノを選んでいけばそれでいいし

それがいい。

 

 

極論、それができればそれだけで

ストレス発散で買い物をすることは激減する。

 

 

滲み出る雰囲気

 

僕は、雰囲気ってファッションと

すごく密接に関係していると思っていて。

 

会話をしなくても、対面すると人の雰囲気って

不思議と滲み出て伝わってくるじゃないですか。

 

まわりから言われる僕の雰囲気は

やわらかい、のんびり、中性的

たぶん、今も昔もそんなに変わっていなくて。

 

今、僕が着ている洋服たちは

特にすごくファッショナブルではないけれど

着ていて気持ちが良いし、何より嬉しい気持ちになります。

特別じゃないけど、特別って感覚なんです。

 

んー、表現が難しいんですけど^^;

 

 

その人の雰囲気とは結局

その人の世界観なのだと思う。

 

 

だから極論を言うと

 

自分が素敵だな

心が喜んでいるな

というモノを選んでさえいれば

例え選んだものが人と同じでも

着た印象は全く違うのだと思う

 

 

だから僕は、人と同じものを選ぶのが嫌い

という価値観を持った人は少し苦手です。

(何に価値を置くかは自由なんですけどね)

 

 

 

ファッションはバランスだ

 

ファッションのセンスが良いか悪いかは

自分で決めるんじゃなくて

まわりが勝手に決めることなんだと思う。

 

だから、そこはあんまり

気にしすぎる必要は無いと思うんです。

 

というか人が違えば、良いか悪いかの判断なんて

簡単にひっくり返るから、振り回されちゃいます。

 

 

だから大切なのは、その洋服を着ている時の

自分の心の状態なのだと思う。

 

そこに、喜びや幸せ、心地よさ、嬉しさが

溢れていること、それが重要なんだ。

 

 

だけど僕から見て、センス良いなぁーって人は

大抵、着ている洋服のトータルのバランスがすごく良い。

 

だから勝負の日(何の?)とかは

出かける前に出来れば全身鏡で

自分のファッションをチェックしてみてほしい。

 

自分を客観的に見ている

もう1人の自分の視点を持っていると

これはファッションに限らず、色々な場面で使える。

 

 

乗り気じゃない時は出かけない

 

何気にすごく重要なポイントだと

僕は思っているんですけど

 

買い物って無理やりする必要って全く無くて

気持ちが乗らないのなら

行かないほうがいいのだと思う。

 

ワクワクとした気持ち、素敵なモノに出会える!

そういう気持ちでいくから

素敵な出会いがあるのだと思う。

 

そういう気持ちになれないのなら

その気持ちを味わいながら

出かけたくなる時を待てばいい。

 

元気になったあなたが放つ波動が

素敵な出会いを呼び込むのだ。

 

 

 

 

色々と語ってきましたが

難しく考えずに、楽しむことが

一番大切なのだと思います!

 

 

love yourself first

軽やかに生きよう