読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イシダアツシのイシダア通信

ライフスタイルコンサルタント。広島と東京でコンサルを通して生きる歓びを分かち合う。そんなお仕事をしています。DIY的生き方ブログ。

「好き」が幸せを生む日常シリーズ・コップ&お湯のみ編その1

コンサル 哲学 生き方 「好き」が幸せを生む日常

こんにちは、「好き」を見つけて

ハッピーに生きるをテーマに

コンサルをしているアツシです。

 

 

僕はまず、自分を愛すること

そして軽やかに生きること

テーマにしているんですけど

 

 

文末のこれです↓

love yourself first

軽やかに生きよう

 

 

軽やかな状態って

やっぱり自分のエネルギーが高くて

整っている状態だよなぁと改めて感じます。

 

 

だからこそ、何かあった時に

すぐに動くことが出来る。

 

 

僕にとって軽やかな状態とは

日常で「好き」に囲まれて喜びを感じながら

幸せに過ごしている状態だなぁーって。

 

 

昨日からはじまった

 

ただただ僕の日々の幸せっぷりを

綴っていくという

完全なエゴシリーズ。

 

本日も続きます(笑)

 

 

ということで本日は

 

「好き」が幸せを生む日常シリーズ・コップ&お湯のみ編

 

を綴っていきます。

 

 

 

その日の気分です!!

 

僕たちは毎日いつもと

同じように見えるけれど

常に変化をし続けている。

 

 

体調が良い日もあれば、悪い日もあるし

もっと言うと、一日の中でも

 

 

本人は気付かないような些細なことでも

微妙に気分や感情は動いていると思うんです。

 

 

 

僕はそんな些細な変化をしっかりと

掬い取って生きていきたいなと思っています。

 

 

それは誰よりも僕が僕の

どんな変化にも気付いてあげて

願いを叶えてあげるということ

 

だなって。

 

 

 

すっごく格好良く言ってみましたが

今日の話で言うと

 

 

その日の気分で

コップやお湯のみを

変えて飲もうぜ!!

 

 

ってだけの話なんですけどね(笑)

 

 

もうシンプルすぎ。

 

 

ちょっと前までの

暑さ全開の日々では

 

たまにはキンキンに冷えたお水を

飲みたくなるんですけど

 

 

僕は基本的に

常温のお水が好きなんです。

 

 

だから家では基本的にお水を相棒に

このブログを書いたり

息をしながら生きています(笑)

 

あとはたまにコーヒーを少々。

 

 

だからその水やコーヒーを飲む

コップやお湯のみは

 

 

・自分のテンションが上がる

・幸せを感じられる

・喜びを感じられる

 

 

そこに、こだわって選んでいます。

 

 

まずはこのコップは、

はずませません。

 

 

もうこの

独特の色と美しい佇まい!!

 

 

f:id:atsushi-ishida-ai:20160902184916j:plain

 

 

これはアラビアというフィンランドにある

優れたデザインと機能美を兼ね備えた

北欧を代表する陶器の会社です。

 

 

中でもこのルスカ=紅葉 シリーズは

1点づつ微妙に異なる

グラデーションが魅力のコップ

今はもう製造されていないんです(>_<)

 

 

むちゃくちゃカッコいいし

渋いんですよね~。

 

 

サイズ展開も色々とあるんですけど

僕が持っているサイズは小さめで

 

 

これで少しづつコーヒーを

飲むのが至福の時なんです。

 

 

出会いはあるコーヒー豆屋さんで

試飲の時にこのコップを出してもらって

とたんに魅了されました!

 

 

静かながら、すごい

雰囲気を放っていましたから。

こやつ。

 

 

そこから、ある時立ち寄った雑貨屋に

サイズ違いのルスカシリーズがあったので

 

僕が欲しいコップのサイズは無かった為

今後の入荷ってありますか?

 

 

と聞いて、

約4か月ぐらい気長に待って

実際に何個かの中から選んで

我が家に迎え入れたコップなんです。

 

 

何か欲しいモノに

出会ったときは

絶対に妥協はしない。

 

 

僕はこのポイントは

ほんとうに大切にしています。

 

 

 

コップ&お湯のみシリーズと言いながら

まだコップ一つしか

紹介出来ていないという・・・(笑)

 

 

 

先は長いぜ。

 

 

 

左:トマト缶をイメージした湯呑

真ん中:陶工 高野友美さんの湯呑

右:栗灰釉しのぎ筒湯呑(堺知子さん)

 

f:id:atsushi-ishida-ai:20160902185005j:plain

 

 

左のトマト缶の湯呑は

以前働いていた雑貨屋の店長に

誕生日プレゼントとして頂いて

 

 

これで誕生日にワインを飲んだなぁーと

懐かしい思い出が。

 

 

少し厚みがあるので

飲むものが、まろやかになる感じが

気に入ってます^^

 

 

 

真ん中の高野友美さんの湯呑は

たまたま広島で個展があった時に

足を運んで、

 

独特の質感(少しざらっとしている)と

手に持った時のフィット感に

心を掴まれて購入したものです。

 

 

↓お店は山口県にあります

KOUNOTOUKITEN

 

眺めているだけでも気持ちが

穏やかになる不思議な湯呑です。

 

 

 

右も僕が働いていた広島の雑貨屋Tanemaki

で扱っていたお湯のみ。

(今はもう扱っていません(-人-))

 

* Tanemaki * たねまき*

 

 

半磁器に栗の木炭で作った釉薬をかけて

この縦じまは、カンナで

ひとすじづつ削り落とす「しのぎ」

という技法が使われています。

 

滑りにくく、この小さい

サイズ感が良いんですよねぇ~。

 

 

これで、ちびちび

常温の水を飲んでおります(笑)

 

 

と、ここまで綴ってきて

まだ持っているコップ&お湯のみの

半分ぐらいしか紹介出来ておりません。

 

 

 

 

終わらねぇ・・・・。

 

 

 

 

今日は、まだやりたいことも残っているので

続きは、また明日書きまーす!!

 

 

書きたい時に

書きたいように書く!!

 

 

そして何よりも

エゴシリーズなので

そんな感じで

展開していきます(笑)

 

 

■こんなコンサルやってます

 

www.atsuishi.com

 

■facebookでも色々と発信しています。

 

何か感じるところがあれば

友達申請、お気軽に*

 

https://www.facebook.com/atsushi.ishida.319

 

■石田 篤識(イシダ アツシ)

広島県広島市在住

連絡先:atsushi.ishida.ai@gmail.com

 

 

love yourself first

軽やかに生きよう