イシダアツシのイシダア通信

ライフスタイルコンサルタント。広島と東京でコンサルを通して生きる歓びを分かち合う。そんなお仕事をしています。DIY的生き方ブログ。

みんな根っこでつながってる。自分を生きることは他人を生きること。

こんばんはー、あつしです。

 

 

今ふと思ったんだけど

 

自分という人間の内側を

深く深く掘っていけばいくほど

 

自分を探求していく中で

自然と身についた

ワザというか、できることって

自分以外の人にも役立つよなぁ〜って

 

すごく感じる。

 

 

人は根っこで

みんなつながっている。

 

 

僕はふとした瞬間瞬間に

そう感じるんです。

 

 

 

一見、自己中に見えるし

誤解されることもあるし

批判されることもあるかもだけど

 

 

自分のことを考えること

 

めぐりめぐって

 

他人のことを考えることと同じ

 

そう思うなぁ〜。

 

 

 

今日は、みんな根っこでつながってる。自分を生きることは他人を生きること。

 

そんなお話をしたいと思います。

 

 

 

f:id:atsushi-ishida-ai:20170107215945j:image

 

 

 

僕は、昔から

 

集団の中で自分を殺して

生きていくことに疑問を感じていた

 

 

 

みんなが右に行くから

僕も右に行っとくか的な考え方が

できなくて

(良いとかいう悪いとかいう話ではなくて)

 

 

 

僕の中では、あらゆることに

そんな考え方があって。

 

 

人と付き合うことでも

彼女が欲しいからといって

 

 

素敵だなぁと感じない人と

なんとなく一緒にいるのは

無理だったし

 

 

そんな感じで

 

みんな自分なりの美学

(良い悪い関係なく)

 

を無意識的にしろ、

意識的にしろもって

 

生きてるんだよなぁ〜。

 

 

 

ただ僕は

 

自分の感覚を何よりも大切に

育みながら生きてきたという自覚

 

があって。

 

 

 

感覚で生きている。

 

 

感覚はよく女性性と言われ

逆に理論は男性性と言われてますよね。

 

 

僕は、感覚を中心に生きているので

 

生き方はかなり

女性性が強いんだと思うんです。

 

基本は感性の人。

 

 

 

だからそんな雰囲気が

 

人から見たら中性的だとか

柔らかいという表現になる。

 

 

隠す必要もないけれど

面白いよね〜

 

 

雰囲気って

誤魔化せないし

隠せないから。

 

 

で、感覚で生きているのだけど

 

 

男だから、

理論的なノリもイケるので

 

 

人が言葉には

できないけれど

なんとなく

感じている感覚を

 

言葉で的確に

表現することが出来る

 

のね。

 

 

好きだから、勝手にうまくなるし

だから結果的に出来るんだけど。

 

 

これは僕が、頑張らなくても

自然に出来ることの一つだなぁ〜って

 

 

 

最近、僕が好きな人たちと

話しながらすごく感じたこと。

 

 

 

まわりを見渡しても

 

 

まぁ自分みたいな人は

絶滅危惧種なの!?ねぇそうなの!?

ってぐらい、いない。

 

 

 

感覚で生きるって

 

ぶっちゃけ

 

 

タブーがない

 

 

ってことだと最近は感じていて。

 

 

 

感覚=自分が感じること

 

だから、はたからみたら

 

え!?それは常識で考えたら

やっちゃいけないでしょ!?

 

とか

 

いやいやいやー、ふつう

そんな考え方する!?

 

 

ってびっくりされることもあるけど

そんな(刷り込まれた)

常識誰が決めたの?

(゚ω゚)

 

 

って現象が起こるのねw

 

 

 

それが実生活で、活かせない場面も

もちろんあるんだけど笑

 

 

 

そんな感覚で生きているから

 

 

 

(刷り込まれた)常識で

目の前の人を見ない。

(というかこの見方しか出来ないw)

 

 

というのも僕の強みかなぁと。

 

 

自分にタブーもないし

誰かにタブーを求めない。

 

 

 

だから心が自由であり

清々しくて、ゆるゆる。

 

 

 

みんな、

ほんとは

自由なんだ。

 

 

 

タブーも

やらなくちゃも

やるべきも

 

 

ぜんぶ、ぜんぶ

 

(過去の体験とかから)

自分で決めてるんだよ。

 

 

 

 

自分1人では

そこに気付くことがすごく難しいし、

 

気付けてもすごく時間がかかる。

 

 

 

だからそんな時は

 

 

あなたが魅力を感じる人や

なぜか惹かれる人や

好きな人

安心できる人

こうなっていきたいなって人

 

 

 

そんな人に助けを求めたら

いいんじゃないかなぁ〜って思う。

 

 

 

もちろん、助けを求めたからって

助けてもらえるとは限らないけどw

 

 

 

だけどね助けてもらえるかもよ?

 

 

 

なんでもそうだけど

 

 

最初の一歩目は、こわくてこわくてこわくて、緊張して喉カッラカラになって口の中がパッサパサになって、(行ったことないけど)サハラ砂漠ってこんな感じなんじゃね?とか思っちゃったりするけど

 

 

 

その一歩は、

あなたの自信になるだろう

 

 

その一歩を、

自分のとこのように祝福してくれる

人がいるかもしれない

 

 

その一歩は、

あなたに生きる喜びを

運んでくるかもしれない

 

 

その一歩が、

めぐりめぐって

どこかの誰かの

希望になるかもしれない。

 

↑なんか、君の名は。的な感じw

 

 

 

 

僕らはみんな1人だけど

1人じゃないんだと思う。

 

 

 

自分の人生を

生きるということは

 

同時に他人の人生も

生きている

 

 

そんな感覚を感じるんです。

 

 

すっげぇ逆説的だし

矛盾してるんだけどね

 

 

まぁそれはそれで

いいじゃない(*´ω`*)

 

 

迷惑かけあって

それすらも笑いあって

生きていけばいいよな〜

 

 

 

そんな心の余裕を

そんな豊かさをもって

ゆるゆるいきましょ〜

 

 

 

それではまた〜

 

現在、ゆるゆる開催中の

あつし相談室〜 

www.atsuishi.com