読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イシダアツシのイシダア通信

ライフスタイルコンサルタント。広島と東京でコンサルを通して生きる歓びを分かち合う。そんなお仕事をしています。DIY的生き方ブログ。

失恋を振り返って気付くことがある。あなたが大切にしたいのは誰?

こんにちはー、あつしです。

 

 

今日は

 

失恋を振り返って気付くことがある。

あなたが大切にしたいのは誰?

 

そんなお話をしたいと思います。

 

 

 

 

f:id:atsushi-ishida-ai:20170118204916j:plain

 

 

 

失恋を振り返った時に

無意識的に自分が取った行動を

今日言葉に置き換えることが出来たので

 

 

世界中の失恋ジャーたちの

何かの参考になれば

と思ってます。

 

 

↓この話の続きみたいな感じなんだけどね

 

www.atsuishi.com

 (読んだらもどってきてねー)

 

 

 

ざっくり言うと

 

僕は新年早々

失恋したのね(笑)

 

 

付き合ってはいなかったけど

 

 

気付いたら好きになってて

一緒にいると楽しくて

単純に一緒にいたいなぁー

って感じる人でね。

 

 

普通にクリスマスとか

一緒に過ごしたりして

幸せだよなぁーって感じだったのね。

 

 

最初は僕から好きになったんだけど

だんだんその人も僕のことを

好きになってくれてね

 

幸せだよな~って

思ってたら

 

 

カウンター

パンチくるよねぇ~

 

 

もうね、ビビるよね。

 

 

何?世の中の女性って

無防備なところにパンチ

打ってくるのうますぎじゃね?って思う。

 

 

 

2017年になって

始めて会った日にさ

「あぁー私ってクズだわ」

「あぁー、ほんと何やってんだろ」

 

 

って確実に何か

話したそうにしてるわけよ。

で、話を聞いたら

 

 

「(他の男性と)クズ行為をしてしまいました。」

 

と言うわけよ。

 

 

 

( ゚Д゚)

 

 

 

もうさー、こんな繊細さを

持ち合わせちゃった男を前に

何言っちゃってんの?

 

何その雰囲気!?空気感w

すぐに分かっちゃうんだよ。

 

その空気感でさ。

あぁそういうことね、って。

 

 

で僕はさ

もちろん

その人のことが好きなわけで

 

 

 

ぶっちゃけ僕が

我慢していれば

一緒にいられた。

 

 

 

そういう選択肢も

あったと思うんだよ。

 

 

 

今にして思えば

僕が我慢していれば

何事もなかったように

関係は続いていたのだと思う。

 

 

 

だけど、それで果たして

その関係を僕は良しとできたのか?

 

 

って聞かれると

 

 

もうそれは残念ながら無理というか、リームーなやつなのよ。(´_ゝ`)<リームーです。完全にファイナルアンサーです。

 

 

 

彼女が他の男性とそういう行為を

するのは僕に止める権利なんて無いし

悪いことだとは思わないのね。

 

 

したければ

すればいいと思うのよ本当に。

 

 

ただね、その話を聞いた時に

あぁー、外に求めてるなぁーって

すごく感じたのね。

 

受け入れてもらうことで

寂しさや虚しさを埋めたい

という気持ちを

刹那的に満たしてるなぁーって。

 

 

 

もしかしたら、彼女は

その話を僕にして、それでも

受け入れてもらいたい

そんな私でも好きだと

言ってもらいたかったのかもしれない。

 

 

 

会ったときから

自分で自分に自信がもてなくて

「好き」ってどんな感じか

分からないって言っていたし。

 

 

 

だけど僕は

 

 

彼女にもっと自分を

大切にして欲しかった。

 

 

僕と付き合うとか付き合わないとか

ぶっちゃけ、最早どうでも良くて

 

 

ただ、ただ、自分のことを

誰よりも自分が大切にして

欲しいなぁと思っていた。

 

 

話を聞いてると

そういう行為をした相手は

家庭を持っていて

 

 

少なくとも

彼女を大切にしているような

感じはしなくて。

 

 

 

外に寂しさや虚しさを

埋めるものを求めたって

 

それは刹那的に

埋まったように見えても

何も埋まってないし

何も解決しない。

 

むしろ寂しさや

虚しさが増すのだと思う。

 

 

 

これは間違いないなーって思う。

 

 

 

僕は思う。

 

 

自分のことをまずは

自分が大切にしてあげるんだよ。

 

 

どんな自分も認めてあげるんだよ。

 

 

そしたら、今度は

あなたのことを大切にしてくれる人が

だんだんと増えてくるから。

 

 

あなたが一緒にいると

大切にされてるなぁ、幸せだなぁ~って

感じる人といればいいよって。

 

 

 

僕は彼女のことが好きだったし

何なら今でも好きだよw

 

 

でも

 

 

好きだけど離れる。

好きだから離れる。

 

 

そういう選択をしました。

 

 

 

僕が目をつむれば、我慢をすれば

関係は続いていたと思うけれど

 

 

そんな関係もう見かけ上では

続いていても

完全に破たんしてるよ。

 

 

確かに彼女のことは好きだけど

 

 

僕は彼女にとって

都合の良い男になりたいわけではなくて

 

 

無理やり続ける関係なんて

もともと求めてなくて

 

 

もうそこには僕の描く

心地良い関係なんて微塵もない。

 

 

 

だから僕はその話を聞いて

すぐに

 

 

「好きだけど、もう会わない。」

「もっと自分のことを大切にしてあげて。」

 

 

って彼女の元を後にしたのね。

 

 

 

後日、彼女から

 

 

もうクズ行為はしない。

自分のことを大切にする。

 

 

ってメールが届いた。

 

 

 

僕は単純に

彼女がそうなっていけばいいなぁーと

願うことしかできないけど

 

 

たまに彼女を思い出した時には

そう祈るのだと思う。

 

 

 

まずはどんな自分のことも

こんな自分もいるんだなぁーと

ただ、ただ感じて大切にしてあげること。

 

 

すべてはそこから

はじまるなぁと思う。

 

 

あとはシンプルに

一緒にいたい人といればいい。

 

 

人生に、たらればなんて無くて

思っても言わなければ伝わらないし

行動しなければ現実は変わらない。

 

 

僕はこの失恋から

 

 

どんなに好きな人でも

 

自分が我慢して、無理してまで

関係を続けることはやっぱり心地よくなくて

無理なんだなぁーってことを

 

 

改めて感じました

やっぱり無理なもんは

無理なんよ(*´ω`)

 

 

僕は今日も明日も

ゆるゆる自然体でただただ生きていく~♪

( ̄▽ ̄)

 

 

 

それではまた~~~