ミニマリスト アツシのア通信

ミニマリストの持ち物や暮らしについての情報発信ブログです

ミニマリストの幸福論 幸せは「状況」で決まる訳じゃないよな。「心」で決まるんだよなぁー。

今日は久しぶりに

友人と電話で話していて

感じることがあったので

 

そんなことを。

 

 

今日は

 

ミニマリストの幸福論 幸せは「状況」で決まる訳じゃないよな。

「心」で決まるんだよなぁー。

 

というお話です。

 

 

 

 

f:id:atsushi-ishida-ai:20161106214600j:plain

 

 

心は正直だ。

 

 

僕のまわり(広島)には

基本的に会社員として

働いている友人が多いのだけど

 

 

今日電話で話した友人も

 

 

結構大きい会社で働いていて

会社の家賃補助で格安で

結構良い家で一人暮らしをしている。

彼女もいて、

 

 

 

はたから見たら

幸せそう。

 

 

 

それが良いか

悪いかは別として

 

 

じゃあ

 

 

本人は、

幸せそうかって

聞かれると

 

 

なかなかそうとは

言い切れねぇよなぁーって

思うのね。

 

 

そう考えるとね

 

 

やっぱり僕は思う訳。

 

 

幸せは「状況」で

決まる訳じゃなくて

 

自分の「心」で

決まるんだよなぁー

 

 

って。

 

 

 

なんか重く考えなくても

 

自分の「心」が嬉しくって

心地よい生き方が出来れば

 

 

それだけで

 

幸せだよなぁ~

 

と思うわけです。

 

 

 

 

最近、よく思うのだけど

 

 

もう

 

生きてるって

ほんと奇跡なわけで

 

死ぬまでの暇つぶしだと

言い換えることも

出来ると思うんです。

 

 

 

 

 

だとしたら

 

 

もっと肩の力抜いて

 

シンプルに

 

 

やりたいことやって

 

一緒にいたい人と

過ごして

 

行きたいとこ行って

 

食べたいもの食べて

 

 

って、それだけで

充分すぎるよなぁ~

 

って思うんです。

 

 

 

 

会いたい人と

会えること

 

 

会いたい人に会えること。

話が出来ること。

 

 

もう、ぶっちゃけ

それだけでも

 

とんでもないほどの

ミラクルだと思う

 

 

 

このひろーーーーーーーーーーい

地球の中で、

同じ時代を選んで生まれてきて

 

 

何の縁か、出会って、なおかつ

(基本的には)

お互いが良いなって思って

 

 

会ったり、話したり

してるわけじゃない?

 

 

 

超絶ミラクル。

 

 

 

刺激的なことだって

いくらでもある

 

 

だから余計に思う。

 

 

 

時に惑わされることが

あってもいいのだと思う。

 

 

迷うことがあっても

いいのだと思う。

 

 

足がとまることが

あってもいいのだと思う。

 

 

 

 

だけど

 

 

 

自分にとっての

「幸せ」って何?

 

 

自分にとっての

「大切なコト」って何?

 

 

自分にとっての

「大切な人」って誰?

 

 

自分にとっての

「心地良い生き方」って何?

 

 

 

 

そういう本質の部分というか

生きる上での根っこの部分は

 

しっかり見つめて

生きていきたいなぁ~って

僕は思う。

 

 

 

僕は僕の生き方が

唯一だとも思ってないし

正しいとも全然思って無くて

 

 

生きたいように生きる

ただただ生きる

 

 

それができれば

今世もう充分でしょw

 

 

って思う。

 

 

コンサルに一区切りがついたら

 

日常にある幸せの実況中継を綴りながら

生きていこうかなぁーなんて思っとります(笑)

 

 

 

 

ただ今生きているという

事実を味わいながら

日々を楽しんでいく。

 

 

それだけで

世界は再び輝きだすよ~♪

 

 

love yourself first

軽やかに生きよう

 

 

 

 

ラインで更新をお知らせします

ぜひ友だち追加お願いします^^

友だち追加

 

---------------------------------------------

 

他のミニマリストの持ち物

についてはトップページの

ア通信とは の右側のミニマリスト

という文字をクリックして

ご覧いただけます

 

トップページへはこちらから

www.atsuishi.com