ミニマリスト アツシのア通信

ミニマリストの持ち物や暮らしについての情報発信ブログです

ミニマリストの考え方 何をするにも在り方が大切な理由

こんばんは^^
アツシです。

 

今日も

 

日常を楽しくする「モノ」や「コト」

を語っていきますね。

 

今日は

 

ミニマリストの考え方 何をするにも在り方が大切な理由

 

というお話をしようと思います。

 

 

 

ブログ100日連続更新35日目

 

詳しくはこちらをご覧ください↓

 

www.atsuishi.com

 

 

 

今の時代って

 

ずーーっと

同じ会社に

勤めなくても

生きていける時代

じゃないですか。

 

 

だからこそ僕は

 

どこでも

生きていける人間

 

って強いなぁと

思うんです。

  

 

 

そんな人になる鍵は

まずは

 

在り方

 

だと

確信しています。

 

 

 

今日はその

在り方について

解説していきます。

 

 

 

f:id:atsushi-ishida-ai:20190619105642j:plain

 

 

まず在り方を

辞書で調べてみましょう。

 

 

 ある物事の、当然そうでなければならないような形や状態。物事の、正しい存在のしかた。「会議の―」「福祉の―」
 現にある、存在のしかた。ありさま。ありがたち。
「その消息(あるかたち)及び地形(くにかた)の―を伺(み)る」〈景行紀〉

 

デジタル大辞泉

 

 

 

辞書の言葉の通り

自分がどう在りたいのか。

 

 

 

僕が何をするにも

在り方が大切だと

思う理由は

 

 

・すでに幸せだと

知っていること

 

・在り方が土台

だということ

 

・小手先ではない

本物さが伝わる

 

 

です。

 

 

 

 

 

順番に

みていきましょう!

 

 

 

・すでに幸せだと

知っていること

 

在り方って

 

自分がどうありたいか

 

だから

 

相手がどうとか

関係なく自分次第で

 

なりたい在り方になれる

 

わけです。

 

 

 

 

僕の場合で言うと

 

 

自分のことを大切に

目の前の相手も尊重すること。

 

大切な人、大切なことを自覚して

誠実に生きていくこと。

 

 

それが出来ていると

正直、それだけで

幸せなわけです。

 

 

 

 

シンプルに言うと

 

 

あなたがどういう風に

生きていきたいか?

 

 

というのが在り方だと

僕は思っています。

 

 

 

 

なので今の時点で

もちろん100%理想の暮らし

ではないけれど

 

すでに幸せだということを

自覚しているんですよね。

 

 

幸せ = 現状に満足

 

 

僕はそれって

違うと思っていて。

 

 

今の時点で幸せです。

そして更に

その幸せを拡大していく。

 

 

だからこそ

 

 

僕たちは

そういう人を見た時に

 

なんか

幸せそうだなぁ~

 

とか

 

いつも

楽しそうだよなぁ~

 

って感じるのだと思う。

 

 

f:id:atsushi-ishida-ai:20190619110121j:plain

 

そういう人って

とても魅力的だなぁと

僕は思います。

 

 

生き方

その人の振る舞い

すべてに表現されている。

 

 

 

 

 

・在り方が土台

だということ

 

僕はやり方よりも

在り方が大切だと

思っていて。

 

 

 

やり方が大切な時も

もちろんあると思います。

 

 

 

だけどその土台に

在り方があるかどうか。

 

 

そっちの方が重要。

 

 

 

これって

 

木で例えると

分かりやすい

 

と思うんです。

 

 

大きな木ってなんで

大きくなれたかって考えたら

 

やっぱり

 

しっかりした根っこがあるから。

 

じゃないですか。

 

 

f:id:atsushi-ishida-ai:20190619110547j:plain

 

 

大きな木には

しっかりした根っこがあるからこそ

そこに丈夫な幹があり

更には元気よく枝が伸びているわけで。

 

まずは

 

根っこであり、土台である

在り方がちゃんとあるからこそ

そこにやり方が乗った時に

大きな変化が起こるのだと思う。

 

 

 

 

例えば僕で言えば

最近ツイッターで活動を

しているのですが

 

 

沢山の人と

繋がろうと思えば

いくらでも

繋がれると思うんです。

 

 

そういうやり方って

いくらでもあります。

 

 

でも僕はこんな

考え方なんです

 

 

 

 

あるフォロワーさんに

このツイートに

コメントをもらい

 

今は更に

 

いいねやリプ、リツイートが

飛びかう1000人を目指して

活動しています^^

 

 

 

 

やり方も大切。

だけどその土台にある

在り方がもっと大切。

 

 

 

 

・小手先ではない

本物さが伝わる

 

先ほどの話のように

在り方よりも先に

やり方を重視してしまうと

 

その

やり方が通用しなくなると

とっても脆いと思います。

 

 

その都度、やり方を

変えていくことも

出来ますが

 

それってやっぱり小手先

なんですよね^^;

 

 

 

それも全く

悪いことではないけれど

 

 

 

まずは土台としての

在り方があること。

 

 

僕はその本物さ

って伝わるものだと

思っています。

 

f:id:atsushi-ishida-ai:20190619110659j:plain


 

 

本物さは信頼に

つながっている。

 

 

そういう人って

どういうところにいっても

必要とされるのだと思います。

 

 

 

 

 

 

まとめ

 

何をするにも

在り方が大切な理由

 

それは

 

すでに幸せだと

知っていること

 

在り方とは生き方の羅針盤

自分はこう生きたいという

生き方が決まっているからこそ

 

成功とか地位に関係なく

すでに今、幸せだということ。

 

 

 

 

在り方が土台

だということ

 

大きな木には

しっかりした根っこがあるからこそ

そこに丈夫な幹があり

更には元気よく枝が伸びているわけで。

 

まずは

 

根っこであり、土台である

在り方がちゃんとあるからこそ

そこにやり方が乗った時に

大きな変化が起こるのだと思う。

 

 

 

 

小手先ではない

本物さが伝わる

 

まずは土台としての

在り方があること。

 

僕はその本物さ

って伝わるものだと

思っています。

 

本物さは信頼に

つながっている。

 

そういう人って

どういうところにいっても

必要とされるのだと思います。

 

 

 

 

自分はどう在りたいか。

 

 

一度立ち止まって

ゆっくり考えても

良いんではないでしょうか。

 

 

 

あなたの人生が

素敵なものとなりますように。

 

 

 

 

 

ラインで更新をお知らせします

毎日よしっ今日も頑張ろう!

と感じて頂ける

メッセージを添えて送信中!!

ぜひ友だち追加お願いします^^

友だち追加

 

---------------------------------------------

 

他のミニマリストの持ち物

についてはトップページの

ア通信とは の右側のミニマリスト

という文字をクリックして

ご覧いただけます

 

トップページへはこちらから

www.atsuishi.com