ミニマリスト アツシのア通信

ミニマリストの持ち物や暮らしについての情報発信ブログです

圧倒的な成長じゃなくてもいい、成長を実感しながら継続しよう。

こんばんは^^
アツシです。

 

日常を楽しくする「モノ」や「コト」

を語っていきますね。

 

今日は

 

圧倒的な成長じゃなくてもいい、成長を実感しながら継続しよう。

 

というお話をしようと思います。

 

 

 

 

 

ブログ100日連続更新83日目

 

詳しくはこちらをご覧ください↓

 

www.atsuishi.com

 

 

確かに圧倒的に成長できたら

もちろんそれは

素晴らしいことだと思います。

 

 

それはあなたが

積み重ねてきたということだし

それは努力してきたからです。

 

 

だけど僕は圧倒的な成長を

急ぎ過ぎて焦ってしまい

 

自分にとって

大切な人やコト、モノを

ないがしろにしてしまうぐらいなら

 

そんなものは

ぶん投げてしまえ!

 

って思っています。

 

f:id:atsushi-ishida-ai:20190806225202j:plain



 

圧倒的な成長ではなくても

継続することで

確実に成長はしています。

 

これは間違いないです。

 

そしてだいたい成長の曲線って

こんな感じだと思うのです。

 

 

ぐぅぅいぃん⤴️

 

の手前で

辞めてしまう人の多いこと。

 

 

辞めてしまうことは

まったく悪いことではないし

 

他に手を出すことで

そっちの方が自分に合っていた!

なんてことだってあると思います。

 

 

ただ、あなたが

今やっていることを

 

継続していきたいと

思っているのなら

 

圧倒的な成長じゃなくても

成長を実感しながら続けることが

ほんとうに大切になってきます。

 

 

ポイントはその成長が

人から見てどうとか

気にしないことです。

 

 

僕は今日で

ブログの毎日更新83日目ですが

やっぱり少しづつでも

確実に成長を実感しています。

 

 

例えばなのですが

 

 

・インプットをより

意識的にするようになったこと

 

・柔軟に話題を

決められるようになったこと

 

・最後まで

諦めなくなったこと

 

・語彙が増えたことで

表現力が増したこと

 

・ブログを書くスピードが

圧倒的に早くなったこと

 

 

 

これは他人と比較して

どうとかではなく

83日前の僕と比べて

成長しているところを

実感するのがポイントです。

 

 

 

たったひとつ

ブログを続けているだけでも

 

実感できる成長って

これだけあります。

 

 

それが成果に結びつくか

どうかは分かりませんが

 

コツコツ積み上げていく努力で

成長を実感出来ているのなら

 

 

僕はそれだけでも

続ける価値はあるし

続けていく原動力にもなる

と思うんです。

 

 

もちろん自分のブログを

誰かから褒められたり

勇気をもらいました!

 

と言われることは

とっても嬉しいことだけれど

 

それはオマケみたいなもの

だと僕は思っています。

 

 

オマケを目当てにして

行動することも悪くはないけれど

それだとオマケが

なかなかもらえない時に

どうしたって続かないんですよ。

 

 

人との関係性もそうですが

ブログだって

育てていくことが大切です。

 

 

なんでもそうですが

小さくはじめること

 

そしてそれを

続けていこうと思うのなら

 

継続してみることです。

 

そうすることによって

昨日から今日への

圧倒的な成長はなかったとしても

 

はじめた日からみたら

圧倒的な成長を

していることに気付きます。

 

 

ぜひあなたの日常を再度

眺めてみてください。

 

 

もしかしたら

その暮らしのいとなみの中に

沢山の成長を

実感できるかもしれません。

 

 

あなたにオススメの記事

www.atsuishi.com

www.atsuishi.com

 

 

 

 

 

 

ラインで更新をお知らせします

毎日よしっ今日も頑張ろう!

と感じて頂ける

メッセージを添えて送信中!!

ぜひ友だち追加お願いします^^

友だち追加

 

---------------------------------------------

 

他のミニマリストの持ち物

についてはトップページの

ア通信とは の右側のミニマリスト

という文字をクリックして

ご覧いただけます

 

トップページへはこちらから

www.atsuishi.com