ミニマリスト アツシのア通信

ミニマリストの持ち物や暮らしについての情報発信ブログです

やりたいことをやれる環境を作る努力が大切

こんばんは^^
アツシです。

 

日常を楽しくする「モノ」や「コト」

を語っていきますね。

 

今日は

 

やりたいことをやれる環境を作る努力が大切

 

というお話をしようと思います。

 

 

 

 

 

再チャレンジ ブログ100日連続更新29日目

 

詳しくはこちらをご覧ください↓

www.atsuishi.com

 

 

 

誰だって

 

やりたいことがあるのなら

やれる方が良いじゃないですか。

 

って僕は思うんですけど

皆さんはどうですか?

 

 

例えば

 

 

僕で言うと

このブログなんてまさに

そうなんですけど

 

やりたいから

やっているわけです。

 

 

 

そんな時に大切なのが

やりたいことをやれる環境を

作る努力をしているかどうか?

 

だと思うんです。

 

 

今日はそんなお話です。

f:id:atsushi-ishida-ai:20190917181128j:plain

 

 

 

やりたいことをやれる環境とは?

例えば

 

僕はブログを

自宅で書くことが多いのですが、

ブログを快適に書ける環境を

意識的に作っています。

 

ブログを書くときに

余計なものが

 

自分の中に情報として

入ってこないように

 

出来るだけ

ミニマルなデスク環境を整え

そこでブログを書いています。

 

www.atsuishi.com

 

やりたいことはあるけれど

 

意外と自分でそれを邪魔してしまうような

環境をつくっていることってあります。

 

ギャグみたい

なんですけどね^^;

 

 

だからこそ

 

あなたにとって

やりたいことが

出来るような環境って

どんな感じだろう?

 

と、改めて

考えてみると良いと思います。

 

 

それは同時に自分のことを

今までよりも深く理解することに

繋がっています。

 

やりたいことをやれる環境を作る努力

その環境を作ることって

 

努力というほど

大げさなものでは

ないかもしれません。

 

例えば

 

何か月か後に

何かの試験を受けるのなら

 

コツコツ勉強をしていく

必要がありますよね。

 

家に帰るとどうしても

勉強が出来ないのなら

 

仕事が終わった後

カフェに行き一息ついて

30分だけ勉強をする!

 

と決めて勉強をすること。

 

これもやりたいことを

やれる環境を作る努力

 

だと思います。

 

 

 

人によって

 

やりたいことを

やりやすいと感じる環境は

違います。

 

だからこそ

 

自分にとって

やりやすい環境を

整えてあげること。

 

 

これがとても大切だと思います。

 

 

環境を作る努力は応用できる

 

僕がやりたいことを

やれる環境を作る努力が

大切だと感じるのは

 

一度これが出来るようになると

 

何か別のやりたいことが

出来た時にも

同じように考えて

 

それをやりやすい環境を

整えることが以前よりも簡単に

出来るようになるからです。

 

 

こういう技術は

身に付けておくと

 

人生を生きる上で

とても役に立ちますよ。

 

 

まとめ

 

やりたいことを

やれる環境を作る努力が大切。

 

それは

 

自分がやりたいことを

やりやすいように

環境を作ることで

 

進む速度が上がると共に

自分のことを

より深く理解できるから。

 

 

一度その技術が身につくと

他にやりたいことが出来た時にも

 

それをやりやすい環境を作ることが

今までよりも簡単になります。

 

 

人生を今よりも

イージーモードにするには

 

やっぱり自分で人生を

ドライブさせていくことが大切ですね。

 

 

 

あなたにオススメの記事

www.atsuishi.com

www.atsuishi.com

 

 

 

ラインで更新をお知らせします

毎日よしっ今日も頑張ろう!

と感じて頂ける

メッセージを添えて送信中!!

ぜひ友だち追加お願いします^^

友だち追加

 

---------------------------------------------

 

他のミニマリストの持ち物

についてはトップページの

ア通信とは の右側のミニマリスト

という文字をクリックして

ご覧いただけます

 

トップページへはこちらから

www.atsuishi.com