ミニマリスト アツシのア通信

ミニマリストの持ち物や暮らしについての情報発信ブログです

自分の楽しさ、面白さを広げていく意味なんてあるのか?

こんばんは^^
アツシです。

 

日常を楽しくする「モノ」や「コト」

を語っていきますね。

 

今日は

 

自分の楽しさ、面白さを広げていく意味なんてあるのか?

 

というお話をしようと思います。

 

 

 

 

 

再チャレンジ ブログ100日連続更新46日目

 

詳しくはこちらをご覧ください↓

www.atsuishi.com

 

 

あなたが

 

楽しいと感じることは何ですか?

 

あなたが

 

面白いと感じることは何ですか?

 

 

それがどんなことでも

良いのですが

 

それを広げていく

意味ってあるのかな?

 

って昔、僕が感じた疑問を

今日はテーマにしてみました。

 

 

結論としては

意味なんて

なくても良いけれど

意味はあります。

 

 

それではそのことについて

解説していきますね。

 

f:id:atsushi-ishida-ai:20191004235731j:plain

 

 

楽しさや面白さは光だ

 

楽しさや面白さは光

 

先日書いた

僕らは奇跡でできている

のドラマで出てきた言葉です。

www.atsuishi.com

 

誰かに褒められるからとか

そういう

自分以外の外からの評価とか

損得とかまったく関係なく

 

あなたが

 

楽しい、面白いと

感じることがあるのなら

 

それは光だ。

 

 

人生の中で

それを見つけられたのなら

 

それだけでもあなたの人生は

とても実りあるものになると思います。

 

 

自分の楽しさ、面白さを広げていく

 

僕はどうやったら自分の

暮らしを楽しく出来るのか?

 

ということを考え

実行していくことに

楽しさを感じるのですが

 

昔はそれをひとりで

楽しんで生きてきました。

 

それでも

十分に楽しいです。

 

でも自分の

楽しい、面白いと感じる光を

どんどん広げていき

 

その中に他人を含めると

思いがけないことが起こります。

 

それは時に

悲しいことであり

嬉しいことであり

 

予測が出来ないものです。

 

 

でもだから人生は

面白いのだと思うんです。

 

 

人生は人との化学変化だ

 

自分の楽しい、面白いと感じる

光をひろげていくこと。

 

 

 

例えばこのブログも

 

僕が何かの事柄に触れて

心が動いたことについて

書いています。

 

 

それを読んでくれた

あなたの心が動いて

 

それが

 

どんな形であれ

僕が知っているかどうかに

関わらず

 

世界に響いている。

 

って思うと

やっぱり

 

自分の楽しさ、面白いさを

広げていくことに意味はある、

 

って思うんです。

 

 

人生は人と人の接触から起こる

化学変化があるから面白い。

 

 

僕も先人の沢山の人たちの

心が動いた文章に触れることによって

 

これまで心が動いた瞬間を

何度も何度も経験して

 

今を生きています。

 

 

何かに触れて

心が動いたことを文章に。

 

 

それが整っていなくても

つたない言葉であろうと

 

それは

とても尊いことだと思います。

 

 

 

まとめ

 

自分の楽しさ、面白さを

広げていく意味なんてあるのか?

 

という問いの答えは

 

意味はある、

 

です。

 

世間の評価や損得に関係なく

あなたの中にある

 

楽しさ、面白さって光です。

 

何かの事柄に触れて

心が動いたことを

世界に放つこと。

 

それが

 

更に誰かの心を動かし

そこから生まれたことが

 

またどこかの誰かの心を

動かすことがある。

 

あなたが楽しい、面白いと

思うことをしよう

そしてそれを世界に放っていこう。

 

 

Twitterでなんでも無料相談

受け付けています。

 

よろしければご活用ください♪

 

 

ラインで更新をお知らせします

毎日よしっ今日も頑張ろう!

と感じて頂ける

メッセージを添えて送信中!!

ぜひ友だち追加お願いします^^

友だち追加

 

---------------------------------------------

 

他のミニマリストの持ち物

についてはトップページの

ア通信とは の右側のミニマリスト

という文字をクリックして

ご覧いただけます

 

トップページへはこちらから

www.atsuishi.com